名古屋から行ける日帰りツーリング!大井川~浜松を巡るツーリングコース【静岡県】

名古屋発日帰りスポット
スポンサーリンク


名古屋から行ける日帰りツーリング!

今回は静岡県島田市の大井川沿いから浜松市へのツーリングコース。

ツーリングスポットやコースも走りやすく見どころ満載ですので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

移動時間

約7時間30分

距離

約410㎞

持ち物

出発

新東名高速道路で島田金谷ICまで一気に行きます。

合格駅

大井川鐵道の駅で令和2年11月12日に「五和駅」(ごかえき)から「合格駅」(ごうかくえき)に改称され、合格祈願に訪れる人が多くなった新観光スポット。

駅舎内には「合格地蔵尊」がいたりと、合格が前面に押し出され縁起が良さそう。

KADODE OOIGAWA

2020年11月12日の『門出駅』と共にオープンしたKADODE OOIGAWA。

施設内は、マルシェや産直レストラン、カフェ、遊び場にお茶の体験コーナーなどが楽しめる空間になっています。

本物のSLも復元展示されています。

門出駅~合格駅へ縁起のいい駅が繋がっています。

マルシェや産直農産物、お土産コーナーは特に広く、見ているだけでもたのしいです。

静岡県といえばお茶ということで、お茶のエリアがとても充実していて、緑茶を身近に感じられる体験型コンテンツがとてもたくさんあります。

特に自分が茶葉になって「蒸す・揉む・焙じる」を体験できる緑茶ツアーズが面白そうです。

日本一短いトンネル

大井川鐵道の地名駅から見える長さ約11m、高さ約5mのトンネル。

特に名称がなく、正確には土木建造物なのでトンネルではないらしいので、通称『日本一短いトンネル』です。

タイミングが良ければトンネルより長い電車の図が見られるかもしれません。

余裕で出口が見えてしまう短さ。

何のためのトンネルなんだろう・・・。

日本一の大天狗面

浜松市天竜区春野町、春野文化センター内の駐車場に一瞬で見つかる巨大な天狗面があります。

その大きさは縦8m、横6m、鼻の長さ4mととても大きく、日本一の大きさを誇ります。

近くに寄っていくと天狗面の迫力満点です。

真っ赤な顔にきりっとした目や口に長い鼻・・・めっちゃ強そう。

これが顔だけでなく全身あったら何mになるんだろうと考えながらその場を後にしました。

政令指定都市静岡県浜松市から国道152号線を北へ5キロほど進んだところに『月 3㎞』の看板があります。

浜松市とは思えないくらい山間を進んでいき、トンネルの手前の小道を左に曲がらないと見つからないので、見逃さないようにしてください。

地球から月まで384,400㎞。

ここまで384,397㎞・・・遠かった。

あと少しのところだったのですが、道半ばで月まで到達することが、私には出来ませんでした。

この先になにがあるのかは実際に行って確かめてみてください。

本田宗一郎ものづくり伝承館

世界のホンダと言われてもおかしくない『ホンダ』の創業者 本田宗一郎やバイクの歴史を知ることのできる記念館。

古い珍しい車両なども展示されていてホンダファンではなくても興奮出来ると思います。

名言や名車の数々・・・最高です。

スイーツバンク

13倍の大きさのあるダイニングテーブルが象徴的な建物。

名前の通りスイーツ屋さんや銀行が入っています。

他にも春華堂のお土産屋さんなどもある楽しいスポット。

とにかくなんでも大きくて圧倒されます。

アニメ『ゆるキャン△』に出てくるうなうなパイもリアルに製作されて数量限定で販売しています。

私が10時ころに行った時にはすでに売り切れだったので、欲しい方は早めのほうがいいかも。

中田島砂丘

日本三大砂丘の一つ。とはいっても鳥取砂丘以外知らない・・・という方もいると思います。
たしかに鳥取砂丘と並べるにはおこがましいかもしれないですが、素晴らしい景色はしっかり見られます。

起伏が激しく、当たり前ですが一面砂で靴に入り込んでくるので、サンダルかはだしがおすすめ。
ちゃんと足を洗う場所もあるので大丈夫です。

最後に夕陽を見ながらツーリングフィニッシュ。

コースまとめ

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

今回は静岡県島田市の大井川沿いから浜松市へのツーリングコース。

ツーリング前半の合格駅~本田宗一郎記念館までは信号も少なく程よいカーブやアップダウンもあり、とても気持ちのいい道になっています。

日本一などのB級スポットもあり、楽しめるスポット満載ですので、是非訪れてみてください。

それでは!

created by Rinker
¥1,980 (2023/09/28 13:59:45時点 楽天市場調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました