名古屋から行ける1泊2日ツーリング!鶴ヶ城~大内宿~塔のへつりを巡る旅【福島県】

東北
スポンサーリンク

名古屋から行ける1泊2日ツーリング!

今回は福島県、鶴ヶ城~大内宿~塔のへつりを巡る旅

行って楽しい観光地が多かったので是非!

スポンサーリンク

移動時間

約9時間

距離

約620㎞

持ち物

出発

若松城

国の史跡に指定されていて、鶴ヶ城として親しまれているお城。

天守閣は復元されていて、内部は若松城天守閣郷土博物館になっています。

銃や刀を手に持つことができたり、大名になった気分になれたりと、内部もなかなか楽しいです。

天守からの展望もよく、会津の街並みが見渡せます。

外にはおもてなし武将隊みたいな方達がいて、戦ってみました。笑

剣vs銃だから勝てたはず・・・。

大内ダム

ロックフィルダムと呼ばれるダム型式で、その名前の通り岩を積み上げ出来ていて、とても綺麗です。

付近の道も走りやすく、景観も最高です。

大内宿

江戸時代の町並みの残る宿場町で、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

茅葺屋根の民家が建ち並び江戸時代にタイムスリップしたような気分になります。

くるみ蕎麦

大内ではネギ蕎麦も有名ですが、くるみ蕎麦も昔から食べられていたそうで、今回はくるみ蕎麦。『金太郎そば』へ

くるみとあえて食べる蕎麦はとても美味しかったです!

塔のへつり

国の天然記念物に指定されている景勝地。

“へつり”とは会津の方言で『断崖や急な斜面』という意味らしいです。

100万年もの年月をかけ出来た断崖絶壁の奇岩の数々。

吊り橋がかけられて、絶壁を歩くことが出来ます。

岩がえぐられたような道もあり、ここまで岩が削られる歳月を考えると自然のすごさを感じました。

1日目はここまで!

コースまとめ

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

復元ながらも城内博物館で、体験の出来る鶴ヶ城。

江戸の時代にタイムスリップし、美味しいそばを食べられる大内宿。

何百年もの歳月を経て削り取られた奇岩を見られる塔のへつり。

それぞれどの年代でも楽しめるスポットでしたので、是非訪問してみてください!

それでは!

created by Rinker
¥1,980 (2024/02/22 22:36:45時点 楽天市場調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました