名古屋から行ける1泊2日ツーリング!伊豆半島バイクの聖地巡りの旅!

名古屋発1泊2日スポット
スポンサーリンク

今回は名古屋から行く1泊2日ツーリング!伊豆半島のバイクの聖地巡りのコースを紹介します!

伊豆半島はジオパークや温泉地など魅力満載な観光地で1日や2日で周るのは難しいくらいです。

今回は特にバイクで楽しめるコースに絞って紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

移動時間

約11時間30分

距離

約730㎞

持ち物

出発

新東名高速道路で長泉沼津ICまで行き、伊豆縦貫道で修善寺ICまでひたすら走ります。

西伊豆スカイライン

西伊豆スカイラインは、静岡県伊豆市の戸田峠~土肥峠間の稜線上を通る道路。見晴らしが良く、富士山や駿河湾を望むことができる絶景ラインでツーリングに最高のスポット。

交通量も少なく、無料で走れるスカイラインなので伊豆ツーリングではマストで通るべき道。

だるま山高原展望台

西伊豆スカイラインの道中にある展望台。

晴れていれば駿河湾から富士山までが一望できる最高の展望台。

西伊豆スカイラインを走るならここからの景色は必見です。

堂ヶ島のトンボロ

干潮時にのみ現れる道で、道が現れたら三四郎島まで歩いて行くことが出来ます。

向こうまで行きたい方は、干潮時刻表を参考にしてみてください。

現れた道は岩がゴロゴロしていてとても歩きにくいので、履きなれたスニーカーをおすすめします。

あいあい岬

ザ・南伊豆のような景色を見ることが出来ます。

水平線までとてもよく見える絶景。

地味にバス停がかわいいので夫婦やカップルでお越しの方は是非写真を。

龍宮窟

天井の一部が崩れて大きな天窓のある海蝕洞(波によって浸食された洞窟)。

天窓から入る光と海から入る波の感じも相まって何とも幻想的な空間。

ジブリ作品の『紅の豚』の隠れ家にもよく似ていて、作品の雰囲気も味わえます。

散策コースがあり、天窓の上からものぞき込むことができます。

上から見るとハートの形をしているので歩いて見てみるのがおすすめ。

隣にはサンドスキー場もあり、30度ある斜面の砂を滑り降りることができます。

レンタルのそりもありましたが、自前のそりを持っている人も多い印象。

河津七滝ループ橋

天城越えをしている際に出会うループ橋。

同じ所を二周もしている珍しいループ橋で、真ん中に駐車場もあるので写真を撮るにもいいスポット。

広角カメラが無いとループ全体を写すのは難しそう。

道の駅天城越え

わさびをガンガン押している道の駅。

売店や土産屋、トイレなどツーリングの休憩にはちょうどいいスポット。

わさびソフトを興味本位で食べましたが、意外と甘さとツーンとくるわさびの辛さが相まって悪くないです。

RECAMP中伊豆(旧:萬城の滝キャンプ場)

名前の通り中伊豆にあり、各所へのアクセスもいいキャンプ場。

施設も綺麗に整備されているので、伊豆へのキャンプツーリングにはおすすめ。

旧:萬城の滝キャンプ場というだけあって萬城の滝が受付から徒歩3分程度歩けば見ることができます。

落差20mありザ・滝という感じでとても迫力があります。

滝壺付近までも近づくことが出来て、マイナスイオンもたっぷり浴びれます。

区画もソロからファミリー向けまであり、雰囲気もいいのでおすすめ。

伊豆スカイライン

ライダーからは伊豆スカと愛され称されるスカイライン。

熱海峠から天城高原までを縦⾛する富⼠・箱根・伊⾖国⽴公園地帯を⾛ります。

全長40.6kmの一般自動車道で、相模湾・駿河湾・富士山などの眺めを楽しみながら走ることが出来る、ライダーが死ぬまで一度は走りたい絶景ロード。

バイクだと天城高原~熱海峠まで走っても580円なので、スカイラインにしてはまだ割安で助かります。

入り口の料金所で現金のみでの支払いなので、事前に準備して料金所に行くのがおすすめ。

道中いくつもパーキングがあり、すべてと言っていいほど絶景続きなので、何度も止まって写真を撮りたくなる景色です。

パーキングは天城高原からの上り側に多いです。

富士山も最高ですが、一面に広がる太平洋も最高です。

十国峠展望台

ケーブルカーで登っていける展望台。

駿河湾、相模湾、伊豆半島に富士山、天気がよけれがスカイツリーも見えたりします。

めちゃくちゃバイクが多く周りの多くある絶景ロードを通ってきたライダーの溜まり場みたいになっています。

バイカーズパラダイス南箱根

名前の通りバイクのパラダイス。

展示バイクが多くありまたがるのも自由で、レンタルバイクもあります。

周りには湯河原パークウェイ・アネスト岩田ターンパイク・伊豆スカイライン・蘆ノ湖スカイラインとバイクの聖地とも呼べる道があり、その丁度中心部辺りにあるこの場所もバイクの聖地になりつつあります。

カフェもあり一息つくのにちょうどいい場所ですが、入場に1人500円かかります。

三島スカイウォーク

2015年に架けられた歩行者専用としては日本一長い吊り橋。

全長400m高さ70mの橋からは、雄大な富士山や箱根の山々、駿河湾などを望むことができ絶景です。

高所恐怖症の方はご注意を。

コースまとめ

1日目

2日目

まとめ

以上いかがでしたでしょうか。

名古屋から行く1泊2日ツーリング!伊豆半島のバイクの聖地巡りということで紹介させていただきました。

バイクの聖地と言われるスカイラインやスポットなど、絶景ロードだらけの伊豆半島。

伊豆半島は本当に行きたいところがありすぎて迷うという方は、まずは今回紹介させていただいたスポットを訪れてみてください。

それでは!

▼ツーリング中のトラブルが不安な方はこちら

▼バイク事故など万が一の為の保険はこちら

▼ツーリングコースを決めるならツーリングマップル

created by Rinker
¥1,980 (2023/02/03 02:09:41時点 楽天市場調べ-詳細)

▼愛知県名古屋市からのロングツーリングおすすめコース

タイトルとURLをコピーしました