名古屋から行ける日帰りツーリング!徳川家康公ゆかりの岡崎巡り!【愛知県】

名古屋発日帰りスポット
スポンサーリンク

今回は名古屋から行ける日帰りツーリング!

徳川家康公ゆかりの岡崎巡るコースを紹介します!

徳川家康生誕地の岡崎には見どころ満載です。

ツーリングを是非参考にしてみてください。

▼愛知県名古屋市からのツーリングおすすめコース

スポンサーリンク

移動時間

約5時間(高速道路不使用時)

距離

約150㎞

持ち物

出発

まずは国道1号線をひたすら走り、岡崎方面を目指し進みます。

八丁味噌の郷

岡崎城から西へ八丁(約870m)離れていたことからその名がついた八丁村(現在の八帖町)。そこでつくられていたことからそう呼ばれるようになったのが八丁味噌です。

「八丁味噌」は、大豆と塩のみを原料に大きな木桶の中に仕込み、その上に職人の手で天然の川石をピラミッド状に積んでいき、その状態で二夏二冬(2年以上)じっくり熟成させて作られます。

木桶の中には6tもの味噌が入っており、約30万人分もの味噌汁が作れる大きさ。
江戸時代から続く老舗味噌メーカー「カクキュー」は、本社屋と史料館が第一号の登録有形文化財に登録されております。

工場見学もしており、昔ながらの味噌づくりの様子を紹介していただき、最後には八丁味噌と赤出し味噌のお味噌汁を試食して味比べもできます。

岡崎公園

岡崎公園は、徳川家康公が生誕した岡崎城を中心とした歴史公園で、岡崎市を代表する歴史と文化の公園です。

桜まつりも有名で桜の時期は特ににぎわいます。

国道1号線の通りにあり、岡崎市自体も歴史や八丁味噌、またご当地キャラのオカザえもんなど有名どころも多いので、ツーリングスポット&観光スポットにおすすめ。

岡崎城

岡崎城は、徳川家康公が生まれた、神君出生の城です。
龍にまつわる伝説も多く、別名 龍ヶ城とも呼ばれ、竹千代(のちの家康公)が誕生した折には、城の上に黒雲が渦巻き、黄金の龍が現れたと伝えられています。

築城は戦国時代の1564年で、豊臣秀吉や徳川家康など著名な武将が関与した重要な城として知られています。

江戸時代には徳川家康の次男・結城秀康の居城となりました。

残念ながら、現在は本丸の一部が再建されていますが、豊かな歴史と美しい庭園が訪れる人々に魅力を与えています。
岡崎城はその歴史的価値から、2006年に「日本100名城」に選定されました。

藤川宿

国道1号線沿いにある道の駅。

徳川家康公生誕の地ということもあってか道の駅に入るところに大きな像が立ってお出迎えをしてくれます。

産直コーナーはもちろん軽食コーナーや観光案内もあり、岡崎のおすすめスポットなどの情報を得ることが出来ます。

お土産コーナーにはゆるキャラの『オカザえもん』がめちゃくちゃいます。

またユーチューバーの『東海オンエア』のマンホールなどもあったりするので、好きな人はテンションのあがるおすすめスポット。

岡崎城や新城に向かう中で立ち寄ることが出来る道の駅です。

くらがり渓谷

本宮山県立自然公園の景勝地で、渓谷に紅葉が彩りとても綺麗。

紅葉の時期でなくても新緑や森林浴でもとても気持ちのいいスポット。

名古屋からは国道1号線から県道37号線で行くのがおすすめ。

また本宮山スカイラインも近いので、ツーリングコースにも最適です!

NEOPASA岡崎

一般道からも入ることができるネクスコ中日本最大級のサービスエリア。

ご当地のお土産はもちろん。『矢場とん』や『開花屋』など地元の食事処が並んでいます。

岡崎のお土産や、食事、休憩にとても最適なスポットになっているので、最後に立ち寄るのにおすすめです。

コースまとめ

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

徳川家康公ゆかりの岡崎巡るコース。

岡崎市の魅力はツーリングでしか味わえないものもたくさんあります。

歴史と風情が融合したこの街で、心躍るバイク旅を楽しんでください。

名古屋からもアクセスが良く軽く行けるツーリングコースですので、是非訪れてみてください。

それでは!

▼ツーリング中のトラブルが不安な方はこちら

▼バイク事故など万が一の為の保険はこちら

▼ツーリングコースを決めるならツーリングマップル

created by Rinker
¥1,980 (2024/02/22 15:37:09時点 楽天市場調べ-詳細)

▼愛知県名古屋市からのツーリングおすすめコース

▼東海地方のおすすめスポットはこちら(愛知・岐阜・三重・静岡)

タイトルとURLをコピーしました