名古屋から行ける日帰りツーリング!焼き物の街瀬戸へ!【雛祭り】

名古屋発日帰りスポット
スポンサーリンク

今回は愛知県瀬戸市へ行くツーリングスポットを紹介します!

瀬戸焼きの有名な焼き物の街。

本日3月3日はひな祭り!

瀬戸蔵のひな人形も立派なので、是非!

スポンサーリンク

移動時間

名古屋市役所から往復約2時間

距離

約50㎞

持ち物

出発

今回のコースはこれまでで1番単純なコースかも。

県道215号(出来町通り)をひたすら東に1本で到着します。

瀬戸蔵

瀬戸焼を多く集めた瀬戸蔵の中核施設です。

周りにも瀬戸焼がたくさん。

中に入ると黒と赤の招き猫の迎えてくれるおしゃれな瀬戸物ショップがあります。

そして今回のメイン!

高さ4m、11段のピラミッド型巨大ひな壇「ひなミッド

約1,000体の陶磁器・ガラスの創作雛が飾られています。

つるし飾りも2万枚の千代紙で折られて、約3000個の花飾りや折り鶴、くす玉などがあって豪華絢爛です。

ちなみにつるし飾りの中に一つだけやきものがあるらしいので、探してみてください!

ひなミッドの製作者は

正面 手作りの創作雛

南面 日本六古窯のお雛様とオリジナル絵付雛

東面 瀬戸染付焼のお雛様

西面 陶磁器メーカー・商社のお雛様

こんな感じなのでいろいろ見てください。

ちなみに3/6までやっているので、是非今週に!

瀬戸を代表する有名人といえば・・・

そう、プロ棋士 藤井くん

史上最年少で五冠を達成した地元誇りの人です。

でかでかとパネルが飾ってあるので、そちらも見てみてください!笑

有名人の色紙もずらり。

ナプールの庭

瀬戸蔵から東に行くと綺麗な広場があります。

瀬戸市はチュニジアのナプール市と姉妹都市提携をしているとかで、ナプールの庭と名付けたこの場所を作ることで友好の証の場所としているようです。

末広町商店街

昭和のノスタルジックな雰囲気の残る商店街。

古き良きですが、ほとんどのお店は閉まっていて寂しい感じです。

しかしなかなかレトロでいい感じなので嫌いじゃない。

巨大涅槃猫

また東に進んで行くと、あれ?と目を疑うような光景があります。

なぜかコインパーキングの駐車場に猫が寝ころんでる。笑

近くに寄るとまぁ大きいこと。

何メートルあるんだろう。

何気に日本一の巨大涅槃猫らしいです。

この猫は造形作家の宮内久美子さんがデザインした「涅槃猫」を、HISOKAさんがFRPで巨大化させた作品です。

にっこり笑顔、ゆったり寝そべって「のんびりしようよ」と、安らぎと安心を招いてくれる招き猫とのこと。

自分ものんびり一緒になって寝そべってみました。笑

招き猫ミュージアム

巨大涅槃猫の後ろに招き猫ミュージアムがあります。

日本で最初に招き猫を量産した街にある、日本最大の招き猫ミュージアム

日本中から集められた数千の招き猫が展示されています。

道の駅 瀬戸しなの

少し北上し、道の駅へ!

ここは瀬戸市名物の瀬戸焼きそばを食べることが出来たり、陶芸教室があってりととても充実してます。

品野陶磁器センターは当日予約なしでも絵付け体験が出来るそうです。

トイレにも瀬戸焼が要所に見られ、瀬戸市の魅力がいっぱいです。

奥の方に行くと紅白の鳥居の「品陶神社」「品陶稲荷」がならんでおり、なんとなく映えます。笑

コースまとめ

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

愛知県瀬戸市をまるっと観光出来るようなツーリング。

瀬戸市の魅力がたっぷりで、名古屋からも簡単アクセスなので、是非訪れて見てください。

それでは!

created by Rinker
¥1,980 (2024/02/21 02:48:05時点 楽天市場調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました