【愛知県】キツネがいっぱい 豊川稲荷【ツーリングスポット・B級・日本三大稲荷】

おすすめ
スポンサーリンク

今回はキツネがいっぱいの豊川稲荷を紹介します。

日本三大稲荷で、パワースポットでもあります。

B級スポットやマイナースポットへ行きたい方は是非!

スポンサーリンク

アクセス

名古屋から約1時間

豊川IC→国道151号→県道495号(ICから10分)

概要

日本三大稲荷のひとつに数えられ、商売繁盛のご利益で全国的に知られる「豊川稲荷」。曹洞宗の寺院で正式には「妙厳寺」といい、約580年前の室町時代(1441年)に創建されて以来、織田信長公、豊臣秀吉公、徳川家康公などの武将や、渡辺崋山など文人たちからの信仰を集めてきました。その鎮守『豊川吒枳尼真天(だきにしんてん)』(通称豊川稲荷)は江戸時代には庶民の間で商売繁盛や家内安全、福徳開運の善神として全国に信仰が広がり、現在も年間およそ五百万人もの参拝客が訪れます。

豊川稲荷(豊川閣妙厳寺) | 【公式】愛知県の観光サイトAichi Now (aichi-now.jp)

豊川稲荷へ

豊川稲荷総門。でかくて立派。

とりあえず中に入ります。

日本三大稲荷なだけあって、まあ広そう。

入ってすぐに案内板があるので要確認です。

境内入り左に進んでいくと一対のキツネが出迎えてくれ、参道を進んでいきます。

広い参道どんどん進んでいきます。

またキツネがいる本堂。

建物は総欅造で、妻入二重屋根三方向拝の型で、間口19.35m高さ30.6m奥行38.59mの大きさ。

またまた立派です。

お参りを済ませ、奥の院きつね塚へ。

奥の院へ行く参道は千本鳥居ならぬ千本のぼりが立ち並びます。

進んでいくと、1番の見どころの霊狐塚(通称きつね塚)に到着。

また鳥居があり、キツネがいるので進んでいきます。

参道には3m間隔くらいでキツネに見つめられます。

キツネの表情もいろいろあり、この子は少しにやけた感じ。

この子は少し怒り気味・・・。いろいろな表情があるので、それも楽しみながら進んでいきます。

一番奥まで行くとキツネの大群がずらり。

このキツネは1000体いるらしいです。

めちゃくちゃ見られている感じがして、圧倒されます・・・。

この上で参拝するのですが、360°ほぼキツネに見つめられているので、とても緊張します。笑

奥の院キツネ塚でも参拝をすませ、帰る道へ行くと、鯉の泳ぐ池がありとても綺麗でした。

入口近くには風鈴が飾られ、風に吹かれいい音色を奏でています。

上手く撮れば、映える写真になるかな?笑

そして境内には日本一古いポストもあります。

個人的にはキツネ塚も素晴らしいですが、こっちも見どころ。笑

日本郵政の郵政資料館のサイトによると、このポストは1912年(明治45年・大正元年)製の「丸形庇付ポスト」で、私設なので交換されないまま100年以上もこの場所に立っています。

今でも現役で使われており、1日2回回収に来てるみたいです。

拝観し総門から外に出ると、商店街があります。

『おいなりさん』発祥の地とされる豊川市。

是非商店街でおいなりさんも味わってみてください。

商店街には通常のおいなりさんはもちろん、各店舗オリジナルアレンジがされたおいなりさんもあるので、要チェック。

ちなみに自分は商店街入ってすぐ左にある『まつや』で、食べ歩きいなりを購入。

豊川稲荷の前で稲荷寿司をパシャリ。笑

おいしくいただいて、紙を開いたらおみくじになっていたようで【大吉】!

まさかのおみくじにびっくりしましたが、大吉で気分良く終われました。笑

詳細

住所豊川市豊川町1
連絡先豊川稲荷
TEL0533-85-2030
営業時間 午前5時開門午後7時30分閉門
御祈祷受付は午前6時より午後3時半まで
定休日無し
料金拝観無料
駐車場普通車 500円

以上、いかがでしたでしょうか。

キツネがいっぱいの豊川稲荷。

千本のぼりに千体のキツネと迫力あるスポットに加え、映える風鈴や日本一古いポストなど、見どころも多く、とても充実します。

またいなり寿司発祥の地とされる豊川で、すぐにある商店街を歩きながら、おいなりさんを楽しめるのも魅力です。

愛知県では有名な神社なので、年末年始や行事のある日はとても混雑するので、何もない日に行くのがおすすめです!

それでは!

created by Rinker
¥1,980 (2023/02/03 02:09:41時点 楽天市場調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました